サービス建築不動産コンサルティング

はじめに

建築不動産コンサルティングは下記の建築不動産フローに沿って進みます。企業が自社の経営を拡大成長させるために構想するオフィス、店舗、生産施設、又は不動産オーナーのための収益不動産の計画実行をサポートします。特に、企業の場合はビジネスを建築と不動産にいかに関連づけてデザインするかが重要です。

建築不動産フロー

フロー

VVision(経営戦略・事業戦略)

建物構想をはじめる前に、企業の経営判断や理念を確認します。
理念、業界、技術、組織、風土。そして、中長期戦略を共有することからプロジェクトがスタートします。

FFinance(資金調達・キャッシュフロー)

売上、利益予測、キャッシュフローに基づく資金調達についてサポートします。金融機関との打合せも含めてプロジェクトの要となることも多いフェーズです。

RReal estate(不動産コンサルティング・不動産調査)

土地の価値を決めると思われている条件が、どの企業にとっても一定とは限りません。不動産から建築まで一貫して考えることで、ビジネスに整合したプロジェクトを実現します。

DDesign(建物の設計・デザイン)

パートナーである設計事務所が主となり進めるフェーズです。しかし創造系不動産の建築不動産フローでは、プロジェクトの初め「Vフェーズ」から建築家が加わるため、通常よりクリエイティブな視点を反映させることができます。

CConstruction(建築工事の発注)

これからの施工会社への建築発注方法や施工者選定はより工夫が必要です。
施工会社の技術・会社状況・価格を踏まえて正しいプロジェクトマネジメントを行います。

MManagement(登記・移転・運用)

建物の完成後に必要な法的手続きのサポートや、当初の「Vフェーズ」を達成できているか、また今後の建物の維持管理の計画もサポートします。

コンサルティング ケーススタディ