創造系不動産とは

創造系不動産の考え方

建築と不動産のあいだを追究します

建築と不動産のあいだには、やらなければならないことが多いと日々感じます。

不動産会社の私たちがこう言うのも変ですが、例えば首都圏のような地価が高いと言われているエリアであったとしても、不動産の価値は土地そのものではなく、生活を包む空間にあると考えています。逆に言うと土地の価値は、そこにどういう建築空間や生活を設計できるかどうかで決まります。ちょっとした便利さや幸せを、家族が長年住むその場所に作れるかどうか。それぞれの家族にとっての個別の価値なんです。

例えば住宅の設計に、もっと不動産や税制・キャッシュフローの考え方を組み入れれば、私たちはより良い暮らし、より良い人生をデザインしてもらうことができるはずです。家族の将来的な個性を、空間に表現できるはずです。また例えばマンションのリノベーションはもっと身近に、日常的になっていいと思います。

日本の建築と不動産はながい年月をかけて、それぞれが独自の発展を遂げました。共に世界に誇る技術や理論、システムを持っています。ただ一般のお客様の立場に立ってみると、それぞれの業界は少し距離を感じるようです。

私は建築と不動産の優れた部分をもっとつなげることで、不動産取引を次代型に変えて行きたいと考えています。いまお客様にとって建築技術と不動産取引の橋渡しが不可欠です。不動産取引や資産価値から見たデザイン。建築技術から見た不動産の現場。建築と不動産の色んな視点から、お客様のメリットを追究します。

建築家と不動産コンサルのコラボモデルを
日本のスタンダードにする

これまで建築と不動産のあいだを追究し続けてきたところ、やはりこの「あいだ」には顧客の利益や、これからの建築不動産業界の在り方についてのヒントがたくさんあることが、多くの建築家やデザイナーとのコラボレーションを通じて分かってきました。

しかしほとんどの企業でなぜそれが困難なのか。他の業界と比べて建築と不動産業界は何が違って、どう改善していくべきか。顧客の潜在ニーズはどのように変化していくのか。作り手主導、売り手主導のシステムをいかに改革するか。そしてこれからの時代を創るアカウンタビリティの高い社員をどう育成していけばよいか。私たちにとっても大きなテーマです。

建築と不動産のあいだに壁を作っているのは、現場で働く社員ではなく、これまでの業界構造であり、商慣習であり、業界団体や教育機関であり、そして経営者です。まずはそうした立場にある私たちから変わらなければなりません。私たちは近年、それらを見据える企業や教育機関との多数の提携を、積極的に行っています。

建築と不動産の2つの人材がコラボレーションを実現するノウハウを広め、欧米やアジアと異なり、それが日本独特の文化として定着することが、これからの日本に必須だと考えます。このコラボモデルが少しでも多くの人々に共有されるように、尽力したいと思います。